ホームポジションを覚えよう

タッチタイピングをするためには、自分の指がどのキーにあるのかがわかっていないと困りますよね。それぞれの指がどのキーを担当するのかを決めておきます。
キーボードの【F】と【J】には、指で触ってわかる印がついています。機種やメーカーによって多少の違いはありますが、何かわかるポチがついています。

この【F】と【J】にそれぞれの人差し指を置きます。
そして中指・薬指・小指をその隣のキーに置いてゆきます。
左手はA【S】【D】【F】 右手は【J】【K】【L】【;】になります。
この位置をホームポジションと呼んでいます。
指は常にこの位置にあり、他のキーを入力したらすぐにホームポジションに戻るように練習してください。
タッチタイピングの練習とは、ホームポジションから各キーに移動するのにどれだけ指を動かすかの感覚を覚えるための練習なのです。

FとJの間の【G】は左手、【H】は右手の担当になります。GとHの境目が左手の右手の境目になります。GもHも入力したらFとJに戻っておいて下さい。

まずは、このホームポジションの段
A【S】【D】【F】【G】【H】【J】【K】【L】【;】
しっかり覚えましょう。
急がなくて大丈夫!
正確に入力することを意識しましょう。

    タイトルとURLをコピーしました